29歳 オルビスは安いので使いやすい

ロート製薬の白潤化粧水及び乳液を使用しています。小林製薬のケシミンクリームも同時に使用しています。

 

また、ちふれの美白美容液W、リソウのリペアジェル、ナリス化粧品の美白美容液のアンティミリ、同じくナリス化粧品のマジェスタシリーズ、レジュアーナシリーズのトライアルも使用していました。

私の美白ケアで経験した事

まず美白に関しては、お肌全体のトーンを明るくするよりもシミへの対策に力を入れてケアしています。

 

シミに対するケアはシミ自体を消すものとシミがこれ以上増えないように現状維持するタイプのものがあり、一般的に出回っているシミケアの大半は後者の現状維持タイプのものです。

 

ケシミンクリームやちふれの美白美容液W、ナリス化粧品のアンティミリ、リソウのリペアジェルなどの美白美容液、美白クリームと呼ばれるもの関しては保湿性が高く、肌に密着する感じがあります。

 

特にリペアジェルは塗り込むとお肌がぽかぽか温まるような感じがありました。

 

美容液やクリームは化粧水と乳液の間に塗った方がいいものや乳液を塗った後の最後の仕上げに使うものがあり、間違うと効果が薄くなることもあるので使用方法を確認してから効果的に使うことが重要だと思います。

 

また、お顔のトーンを上げるという意味ではナリス化粧品で使用した拭き取り化粧水がお肌の古い角質をはがして明るくしてくれているように感じました。
実際拭き取り化粧水は綺麗にクレンジングと洗顔をした後でもコットンが汚れているほど効果が見て取れるほどでした。

 

どの化粧品に関しても言えることですが、ライン使いをした方がその化粧品自体の効果が高まるため出来る限り同じメーカーの同じシリーズで揃えた方が良いです。
ラインで揃えるとなると一つ一つは手が届いても全て揃えるとかなりの金額になる場合があるため、無理なくずっと使用出来る、身の丈に合ったものを使用するのが一番良いと思います。

オルビスユーホワイトに思う事

ルビスの基礎化粧品は実績があり、それでいて安価で出しているので手が出しやすいです。
このオルビスユーホワイトのトライアルセットもお得に試すことが出来るようなのでとても気になっています。

 

ホワイトニングケアシリーズも美白に力を入れているようですが、オルビスユーホワイトはアンチエイジングのオルビスユーと美白対策のホワイトニングを足したような商品でまさに一石二鳥だと思います。

 

またジェリーウォッシュということで、泡立てずに洗うというその洗い上がりやお肌の様子がとても気になります。
乳液が日中と夜用に分かれているようで、同じラインでこのように二種類揃えられるのは珍しいと思います。

 

お昼間はメラニンの生成を抑えながらSPF30なのでお肌のケアをしつつ紫外線対策も出来るのが嬉しいです。

 

また夜用の保湿液もジェルになっているので朝までしっとり保つことができるようで、お肌のツヤやハリに効果が期待出来そうです。

 

まずはトライアルセットで効果を実感してみたいと思います。

 

オルビスユーホワイト 口コミ